食品衛生法の改正により、これからは中小・小規模事業者でも HACCPの考え方を取り入れた衛生管理が必要になります
『食品衛生法』の一部改正により、食に関わる全ての事業者は原則としてHACCPに対応した衛生管理が求められることになりました。
中小規模の事業者の場合、大企業向けの基準よりも弾力的な対応が可能な「HACCPの考え方を取り入れた衛生性管理」が認められますが、猶予期間を含め2021年6月までに実施することが必要です。

これからの衛生管理は
Hazard Analysis and Critical Control Point
人体に深刻な危害を与える原因を分析 危害要因を管理する最も重要な点を決定
HACCPの考え方を取り入れた
一般衛生管理マニュアル
(衛生管理計画)
  決めたルール通りの
実施と内容の記録
※問題があればマニュアルに反映

AKR版HACCP衛生管理制度の特徴

中小食品スーパー向けの「HACCPの考え方に沿った衛生管理」
20年の実績を有する中小食品スーパーの共同事業体「AKR」だから可能な中小零細店舗向けのHACCP対応衛生管理

簡便で安価な仕組みを実現
HACCP導入の3大不安要素「煩雑さ」「人手・人材不足」「高額な費用」を解決

「専門家の個別支援」で持続可能な取組みに
NPO近畿HACCP実践研究会との連携で店舗の実情に応じた個別支援を実現

AKR版HACCP衛生管理制度のコンセプト

  • 中小零細の食品スーパーが、食品衛生法に定められた「HACCPの考え方に沿った衛生 管理」を無理なく継続的に実施できる仕組みをご提供します。
  • HACCPの専門家集団である「NPO近畿HACCP実践研究会」と連携し、定期的に「認定アドバイザー」が店舗にお伺いし、衛生管理状況の確認や改善提案を行います。
  • AKR版HACCP衛生管理が適切に行われていることを認定する「認定証および適合マーク」の掲示で適切な衛生管理をお客様に「見せる化」します。
  • また、国の推奨する「おもてなし認証制度」などとの併用で外国人などの観光客にもアピールする ことができます。

AKR版HACCP衛生管理制度導入の流れ

お申込み AKR共栄会に入会し所定の申込書に必要事項をご記入いただきます
衛生管理計画の策定 認定アドバイザーが貴店の実情に応じた計画作りをお手伝いします
日々のチェックと記録 営業部門ごとに簡単な手順書に従い管理状態をチェックして記録します
月ごとの集計と報告 月次の集計結果を本部へFAXまたはメール
個別訪問による支援 認定アドバイザーが訪問して管理状況の確認と改善提案を行います