AKR共栄会とは

AKR共栄会は、中小単独の食品スーパー(活性化した小売市場)が集まって作った、
加工食品を主とした共同仕入の団体です。

(※卸(ベンダー)ではありません)

AKR = All Kouriichiba Rengoukai

平成9年5月、大阪市経済局の指導と支援を得て「大阪市旭区小売市場連合会(Asahiku Kouriichiba Rengoukai)」の共同配送モデル事業としてスタートしたAKRは、その活動の趣旨に賛同する仲間が増え、AKRのAを旭区のAからオールのAに変えて、京阪神の中小単独スーパーが共に栄えることを目指して結集し、「AKR共栄会」と名乗ってからはや10年、今では活動の輪が広がり、46店舗(2012年8月、現在)が加盟しております。

AKR加盟店は、地域の皆様の生活に密着した小型スーパーばかりであり、その地域になくてはならない店であることを目指して日々商いをさせていただいております。「新鮮」で「安心」で「安全」で「安価」な食品を安定的にお客様に提供することを使命として日々努力を重ねております。

AKR ロゴマーク

■共同仕入・共同配送

AKRの共同仕入なら、NB商品が安定して入ってくる。
安定供給・定番で利益確保・在庫負担軽減、
こうしたキーワードでAKRは日々活動しております。

AKR共同仕入の仕組み

AKRは、グロッサリーのNB商品を中心とした共同仕入で10年の実績があります。AKRでは「定番商品の安定供給」を基本にし、グループとしての価格メリットの実現と、加盟店の粗利益アップを目指します。

ですから、単に「商品が安く入るのか?」との問い合わせがあった場合、AKR加盟前より安く仕入れられるとは敢えてお答えしておりません。単品単品で比較して見ると、高いもの安いものがあるのが当然ですので、AKRの共同仕入れをグロスで見るとともに、グループに参加するメリットを考えていただければ、とお答えさせて頂いております。

安定供給

AKRが目指しているのは、定番を安定して仕入れ、定番をしっかり売って、利益高を上げていく事、そしてそれによる加盟店の経営安定化です。その実現のために重要なのは、注文したものがキッチリと納品される体制です。安定供給によって品切れをなくし、チャンスロスを極力減らすことを目指して、物流体制を構築して参りました。

定番で利益確保・在庫負担軽減

現在のAKRでは、定番品をEOSによって発注(締め時間内)した場合、翌日の決まった同一時間帯に定時配送される、毎日発注・毎日配送体制をとっています。これにより、余分なバック在庫を減らして、なおかつ棚に穴を開けること無く運営できるようになり、加盟店の負担軽減に成功しております。
※エリア・物量によっては、毎日配送ではない例もございます。
※日曜日は配送しておりません。

作業時間・作業コスト軽減

また、これまでベンダーごとに納品されていたものが、AKRの共同仕入れ分は、一括で納品されますので、入荷・品出作業が一本化され、作業時間やコストの低減にも効果があります。いつも同じ時間帯にトラックがくればその必要な時間帯だけに人手を割けばよいので合理的です。
また、共同仕入分はトラックが集約されますので、ご近所の皆様にとっても騒音や排気ガスの負担が減り、これも喜ばれております。

昨年は共同仕入れ10周年記念の合同セールも実施
昨年は共同仕入れ10周年記念の合同セールも実施

ベンダー各社からピッキングされた商品が、AKR共同配送センターに集約され、AKR専用かごで各加盟店に納品されます。
ベンダー各社からピッキングされた商品が、AKR共同配送センターに集約され、AKR専用かごで各加盟店に納品されます。

AKR共同配送センター(摂津市)
AKR共同配送センター(摂津市)

■共同決済

仕入代金の債務保証と一括決済業務を実現することで、
小売も卸も安心して、共同仕入活動に参加できます。

一括決済

AKRは、共同仕入にかかわる商品代金の請求・支払窓口として機能しております。
ですから、卸の請求はAKRで一本化され、AKRから一括して加盟店に請求されます。
つまり加盟店は、一括してAKRに対して支払をし、AKRは、一括して卸に商品代金を支払います。
このため従来、個別に請求・支払していたものが、卸でも小売でも手間が省かれます。
しかしこの場合、もし加盟店に万一のことがあった場合はAKRがリスクを負うことになってしまいます。
そこで、AKRではそのような時のために損害保険会社と契約して取引に保険をかけております。

債務保証

AKRでは「債務保証」の仕組みを設けて、万一の時には、この仕組を活用して、商品代金を支払いますので、共同仕入に参加している加盟店にもお取引先にも極力迷惑をかけずに済みます。この仕組みがあるので、 AKRの共同仕入れは小売にとっても卸にとっても「安心」なのです。

また、通常であれば、ベンダー各社へそれぞれ保証金を積まないと取引が難しい時代を迎えておりますが、AKRの共同仕入れの場合、AKR指定ベンダーと、この共同仕入の仕組みの中で取引できますので、ベンダーに対する新たな保証金なしに取引ができます。


 

 

■店舗支援

単独では取り組むことが難しいことも、
グループの力でサポートをしております。

AKRでは、商品と連動した企画提案や、商品情報の提供を通じて、お店の売る力をバックアップしています。

例えば、専門家による店舗運営のための経営アドバイス等も行なっております。(※店個別の踏み込んだ指導になる場合は有料です。)

また、先進事例店舗の視察、チェッカー研修、勉強会等の開催支援も行っており、必要に応じて教育研修についての支援を行なっております。

この他、行政機関等からの支援を受けて様々な調査研究事業も実施しております。(農林水産省、経済産業省、大阪府、大阪市、中小企業団体中央会など)

AKR加盟店の売り場事例紹介の様子(情報の共有化)AKR加盟店の売り場事例紹介の様子(情報の共有化)

陳列技術向上のための大珍コンクールも開催陳列技術向上のための大珍コンクールも開催

研修会等も毎年テーマを変えて実施しています研修会等も毎年テーマを変えて実施しています

AKR共栄会 ご入会・資料請求はコチラ

お問合せ 資料請求 AKRへのお問合せはこちらから

  • 事務局案内 OFFICE
  • アクセス access
  • 加盟店一覧 MEMBER
  • 大阪 osaka
  • 兵庫 hyogo
  • 京都 kyoto
  • 滋賀 shiga